FC2ブログ

2017年10月24日 千葉県市川市から、宮城県に荷物同様に送られてしまった、地域猫のしんちゃんを捜しています。

呆れた返答

2019年8月現在、未だに、
どこにいるのか分からないままの、しんちゃんですが、


stwutijs1.jpg

             しんちゃん(現在7歳♂)

江戸川土手で、しんちゃんに会うのを楽しみにしていた方々は、
今でも、どうしているのか心配しています。

しんちゃんが、連れて行かれたのは、2017年10月24日。

その翌日の夕方に、しんちゃんを可愛がっていた方々の、
代表として、ISさんが、猫ボランティアに電話をしてくれました。

その時の、会話ですが、
猫ボラの、自分は特別な役職だと言わんばかりの、
あまりにも横柄な口の利き方には、今でも憤りを感じています。

ISさん:
私が、暫くの間、しんちゃんの飼い主として面倒を見ていた者ですが、
どうして、しんちゃんを連れて行ったのですか?


猫ボラ:
これは、Nさんに依頼された事なので、一切、お答えできません!

私に言った事と、同じ事を言っていましたが、
そもそも、こんな言葉は、ボランティアの使う言葉ではありません。

ですから、皆さん、口を揃えたように、
だったら、「猫捕り業者と同じじゃないか!」と、怒っています。


猫ボラ:
人間関係が、おかしくならないように・・・

と、後付けして言っていましたが、
まったく、意味不明の言葉です(笑)

ISさん:
だって、飼い主だと言っているんですよ?

猫ボラ:
飼い主が居ても、保護する場合があります!

そんな場合もあるかも知れませんが、
そんなに悲惨で、その必要がある現場でしょうか?
それ以前に、江戸川土手に来た事もなく、何も、誰も知らない人です。


ISさん:
それに、今までずっと、皆で可愛がってきた猫なんですよ。

猫ボラ:
虐待があった場所だからです!

さも自分の目で確かめたかのように、「虐待があった」と言い切っていますが、
その猫ボラは、江戸川土手に来た事もなかった人ですから、
もちろん、現場に居合わせた事もありません。



stwutijs2.jpg

           2016年 キチノスケ  

それは、私のブログ(金物屋の猫ページ)の中から、
記事を探し出して、読んだだけの事です。

私は、記事には、虐待らしき事があったと書きましたが、
詳しい事を書いていません。

でも、実際の詳しい事を、私は知っています。

ですから、記事を読んだだけの人に、
その詳しい事を、説明できるはずがありません。

それなのに、まるで、すべてを把握しているかのように、
強く、言い切っていましたから、それには、本当に呆れました。


ISさん:
だけど、Sさん(私の事です)が、保護する事になっていたんじゃないの?

猫ボラ:
Sさんは、しんちゃんを外に出すと言っていたので、Nさんに決めました!

私は、外に出すなんて、言っていません。
第一、しんちゃんを外に出したら、一直線に、
江戸川土手に帰ってしまうじゃありませんか(笑)

それよりも、「決めました!」って、なんでしょう?
この地域の事を、何も知らず、何の貢献もした事のない人に、

決める権利など、どこにもありません!




stwutijs3.jpg


どうして、ここまで、嘘を並べて、言い切ってまで、
しんちゃんを宮城県に送る必要があったのでしょうか?

このままでは、たとえ通りすがりの人であっても、
「猫ボランティア」と名乗っていれば、何をしても良い事になってしまいます。


猫の事だけではなく、どの社会でも、どの分野においても、
自分の立場と身分を、勘違いしているボランティアは、
その地域に、不快と不安をもたらすだけです。



多くの人に知って頂くために、ランキングに参加していますので、
ポチっと宜しくお願い致します。


宮城県ランキング

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村



スポンサーサイト